乳酸菌と免疫力

免疫力の低下が続くと、風邪をひきやすくなったり、ちょっとしたことで体調を崩したり…何だか体調がよくない状態が続いている、という人は、腸内環境の改善を考える必要があります。

 

免疫力と乳酸菌の関係についてご紹介します。

 

免疫力ってどうして必要?

身体を守るために必要といわれているのが免疫力です。免疫力が低下すると、ウイルスや病原菌が体内に入ったときに、やっつけることができず感染してしまいます。また疲れがなかなか取れなくなり、体調不良の状態が長く続いてしまいます。風邪になりやすい、風邪が治ったと思ったらまたすぐ風邪をひく、長引いてなかなか調子が戻らない…という人は免疫力が低下している可能性があります。

 

ちょっとしたことで疲れやすくなるのも、免疫力の低下が関係しています。本来、人間の体には毎日がん細胞が現れているのだそうです。それらの悪い細胞は、免疫細胞が見つけて倒してくれるので、健康に生活できています。

 

病原菌やウイルスを体に取り入れないように生活をする、というのも予防にはなるのですが、生活していくうえで全く取り入れないのは難しいです。外出するだけで多少は病原菌やウイルスを取り入れてしまいます。もちろん風邪やインフルエンザなどが流行っているときは、体内に入り込まないよう予防することも大切ですが、それよりも免疫力をアップさせて、体内に入り込んでもやっつけられる、強い体を手に入れましょう。

 

腸内環境で変わる免疫力

免疫力の低下は、様々な病気を招くことになる…と思うと怖いですよね。免疫力を高めるために、腸内環境の改善をする必要があります。免疫細胞の約7割は、腸内に存在しています。そのため、腸内環境をよくするだけで、免疫細胞の約7割が元気に活動できるようになるのです。

 

免疫力が低下する原因はいくつかありますが、やはり食生活やストレス、または加齢などによって腸内の状態が悪化することが大きな問題となっています。

 

腸内環境をよくするために欠かせないのは乳酸菌です。乳酸菌で善玉菌を活発に活動させ、便秘を解消することも大切です。不要な物はすべて排出して、腸内で免疫細胞が動き回れるような、いい腸を目指して乳酸菌を摂取しましょう。腸が変わるだけで、風邪をひきにくくなったり健康で生活できる、疲れにくくなる…など、今まで不調が続いていた体が変わっていくと思います。乳酸菌は毎日決まった量、定期的に摂取し続けることが大切です。