乳酸菌の最大の効果として期待されているのは、やはり腸内環境の改善に対してです。では、乳酸菌は体内に取り込まれると、どのように腸内環境の改善に役立ってくれるのでしょうか。乳酸菌と腸内環境の関係をご紹介します。

 

腸の状態が人間にとっては大事

人間は食べ物から摂取する栄養を、腸から吸収して全身へ届けます。そのため、腸の状態がよくないと、体にいいと思って摂取した食べ物も、体に届けることができないのです。腸が全身に与える影響はとても大きいため、世界でも腸の状態を整えることが大事、と注目されています。

 

また、体内の健康を維持する免疫細胞の約7割は腸内にあるといわれています。免疫細胞が正常に働いていれば、体内に入ってきた細菌をしっかりやっつけることができます。免疫細胞が元気をなくしていると、様々な病気にかかりやすくなります。逆に、免疫細胞が過剰に反応する状態になっていると、ちょっとした異物にも反応してアレルギー症状を起こしやすくなります。免疫細胞はバランスを取って維持することが大事で、その大部分を占める腸内環境を整える必要があるのです。

 

最近は食生活の欧米化などで腸への負担が増え、腸内環境の乱れが気になるようになりました。今までとは違う食生活を送るからこそ、乳酸菌の力が必要です。

 

腸内環境が悪化するとどうなる?

腸内環境が悪化すると、便秘や下痢、免疫力の低下、メタボ、肌荒れ、アレルギー、高血圧など…多くの問題が起こりやすくなります。時には怖い大腸がんまで招く恐れがあるでしょう。健康を維持して健やかな毎日を送るために、腸内環境の状態はベストに保たなくてはいけません。

 

乳酸菌が腸内に働きかける仕組み

乳酸菌を摂取すると、腸内で善玉菌を増やすといわれています。そして、善玉菌が増えた腸内環境はいい状態へと導かれていくのです。腸内には善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌がいます。日和見菌はどちらか強い方の味方をするので、善玉菌を優位の状態に整えれば、日和見菌も善玉菌と同じように働いてくれます。こうして、善玉菌として働く数を増やし、腸内環境を整えていきます。

 

乳酸菌と一緒に摂りたいエサ

乳酸菌が元気に働くために、一緒に摂取してほしいのがオリゴ糖です。オリゴ糖が腸内で乳酸菌が働くためのエサになります。乳酸菌は胃酸に弱いといわれているので、オリゴ糖と一緒に摂取して、腸までちゃんと届けられるよう工夫してみてはどうでしょうか。