乳酸菌とダイエット

ダイエットしたい、と日々思っている人は多いでしょう。特に女性は、常にダイエットをしながら生活している人もいるほどです。男性も、最近はメタボリックシンドロームが気になり始めていませんか?

 

乳酸菌はダイエットやメタボ改善に役立つといわれています。乳酸菌とダイエット・メタボの関係についてご紹介します。

 

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームは、いわゆる肥満とは少し違う意味を持っています。確かに肥満の人はメタボの確率が高いのですが、それぞれ基準があります。人間にはBMIという体格指数があります。この数値が25以上の場合は、肥満体型とされています。でも、メタボはBMIの数値に関係なく、ヘソの周りが男性なら85p以上、女性なら90p以上あればメタボリックシンドロームといわれます。

 

いわゆる内臓脂肪がたまっている状態ですね。食生活が欧米化しながらも、運動不足が続くなど…生活習慣が問題となってメタボリックシンドロームを招いてしまいます。生活習慣だけではなく、遺伝や加齢などで知らず知らずのうちにメタボになってしまうのです。

 

ダイエットがうまくいかない理由

ダイエットを頑張っているのにうまくいかない…という人は、一度ダイエット方法を見直してみる必要がありますね。ダイエットというと、運動と食事制限が主です。でも、それでもうまくいかない場合は、摂取するものを見直してみてはどうでしょうか。

 

ダイエットがうまくいかない理由として大きいのは、よくない腸内環境です。腸内環境が悪いと、せっかく摂取したダイエットにいい成分も、吸収されません。悪い方向へと腸が働いてしまうので、ダイエットがうまくいかないのです。

 

乳酸菌でダイエット効果がある?

腸内環境を改善するために取り入れたいのは、乳酸菌です。乳酸菌で腸内環境を整えて、痩せやすい体、ダイエットに効率的な体を手に入れましょう。ただし、気を付けてほしいのは、乳酸菌に頼りすぎないことです。乳酸菌を摂取するだけでみるみる痩せる…というわけではありません。あくまでダイエットしやすい体に近づけるのが乳酸菌の役目なので、乳酸菌を摂取しているから何を食べてもいい…と考えていると、ダイエットも失敗してしまいます。

 

今までのように運動や食事制限などでダイエットを頑張りながら、乳酸菌も毎日摂取しましょう。腸内環境の改善をすることは健康にも大切なことです。ダイエットだけでなく身体の調子が整い、運動もしやすくなります。