乳酸菌と肌トラブル

乳酸菌は、肌トラブルにも関係が深いものです。最近肌の調子が何だかよくない…とか、肌荒れがひどくなってきた、シミやシワが気になってきた…そんな時は、腸が荒れていることが原因となっているかもしれません。肌荒れが目立つと、どうしても外側からのケアを考えますが、実は内側からのケアも大事なのです。

 

乳酸菌と肌トラブルの関係をご紹介します。

 

腸の荒れは肌の荒れ

腸と肌は、一見何も関係ないように思いますが、実はかなり関係が深いです。身体の中に摂りこまれた栄養素は、腸を通って体内に吸収されます。しかし、腸の環境が悪く、ガスや腐敗物など、老廃物と呼ばれる成分が蓄積している状態では、腸からその悪い成分まで身体中に運ばれてしまうのです。本来なら腸から全身に回らないようになっているのですが、腸の力が弱っているときは、なかなか防ぐことができません。

 

腸から全身に回った悪い成分が、肌にも影響を及ぼします。

 

腸の荒れで招く肌トラブルとは

肌トラブルとして多く感じられるのは、乾燥肌です。年齢もありますが、腸の荒れが気になる乾燥肌に繋がっているかもしれません。

 

それ以外にも、シミやシワなど、年齢のせいかな…と思っているような肌トラブルも、腸の状態を改善させたことで、気にならなくなるという可能性もあります。ニキビなども同じで、大人ニキビは腸内の状態が悪いと起こります。思春期ニキビとは原因が違い、体内に巡ってくる毒素を、外に排出しようとニキビができているのです。

 

腸の状態をよくして肌トラブル解消

肌トラブル改善のために考えたいのは、まず腸の調子を整えることです。便秘の人は便秘を解消させる必要があります。腸から悪い成分を徹底的に追い出してしまいましょう。そして、乳酸菌を摂取して肌の代謝を上げ、ターンオーバーを促すことが大切です。ターンオーバーが促されることで、一度受けてしまった肌ダメージも改善しやすくなります。

 

肌が元気にいられるよう、そして体内から悪い成分が肌に届かないよう、気を付けてください。

 

様々な肌トラブルがありますが、まさか肌トラブルが腸の状態が悪化することで起きている、なんて思っていないと思います。

 

でも、乳酸菌と肌トラブルの関係はとても深いです。内側からのケアに目を向けて、乳酸菌を毎日の生活に取り入れてみましょう。もちろん乳酸菌に頼るだけではなく、食生活の改善なども一緒におこない、肌トラブルの改善を心掛けてください。