乳酸菌の正しい摂取方法

乳酸菌は体にいい効果を期待できるため、生活に取り入れて摂取したい…と考えたとき、どうやって摂るのがいいのでしょうか。せっかく摂取するのだから、効率よく体内に取り込めるような摂取方法を考えたいものです。乳酸菌の正しい摂取方法をご紹介します。

 

乳酸菌は腸まで届きづらい?

乳酸菌が働いてくれるのは、腸に届いたときです。しかし、乳酸菌は腸に届きにくいといわれています。その理由は、胃酸に弱く溶けてしまいやすいからです。胃に届いた段階で溶けてなくなってしまい、せっかくの乳酸菌が腸まで運ばれていかないのです。

 

そのため、大事なのは胃酸に負けない乳酸菌の摂取することです。乳酸菌をそのまま摂取するのではなく、サプリメントのほうがいいでしょう。サプリメントなら、乳酸菌がちゃんと腸まで届くように工夫されています。

 

飲むタイミングは空腹時

飲むタイミングとしておすすめなのは、空腹時です。空腹時に乳酸菌を摂取すると、体内は乳酸菌を吸収しようと頑張ります。食べ物を消化しているときだと、食べ物の消化にもエネルギーを使わなくてはならず、乳酸菌を吸収できる量が減ってしまうのです。同じ量を摂取しても、吸収率が変わってしまうので、乳酸菌の吸収に専念できる空腹時に摂取しましょう。

 

ただし、食事をする前というよりは、食事をして2時間ぐらいたった後のほうがいいと思います。食事をする前に摂取して、その後食事をしてしまったら意味がなくなってしまいます。食事をしてある程度消化したぐらいのタイミングで摂取しましょう。

 

飲む時間帯は朝より夜

乳酸菌を摂取するなら、何となく朝のほうがいいと考えている人は多いのですが、実は乳酸菌の摂取でおすすめしたいのは、夜です。朝から摂取したほうが元気に働いてくれそうな気がしますが、乳酸菌はとてもデリケートな成分です。そのため、ストレスを感じたりすると体内への摂取量が減ってしまいます。

 

夜はこれから眠るために体がリラックスする状態なので、吸収率が上がるといわれています。

 

毎日継続して続けることが大事

乳酸菌は、どれだけ多くを一度に摂取しても、続けないと意味がありません。たくさん摂取しても、溜めておくことができないのです。週に1回たくさんではなく、毎日少しずつ…が乳酸菌の摂取方法として理想です。少しずつでも継続することが、乳酸菌の効果を実感できるポイントです。ちゃんと毎日続けて、自分の体の変化を感じてみましょう。