乳酸菌とアレルギー

花粉症やアトピー性皮膚炎、その他さまざまなアレルギー症状に悩まされている人は多いです。特に最近は花粉症の人も増えています。アレルギー症状を何とかしたいと思っても、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状は体質だから仕方がない…と諦めているかもしれません。でも、少しでも緩和したい、アレルギー症状を何とか改善したい、という人におすすめしたいのが、乳酸菌です。

 

乳酸菌とアレルギーの関係をご紹介します。

 

アレルギーはどうして起こる?

アレルギー症状が起こるのは、免疫の過剰反応です。これはどんなアレルギーも同じです。身体の中に有害と考えられる成分が入ってきたとき、抗体がつくられます。この抗体はたんぱく質からできていて、入ってきた異物と結合し、捕まえる役目があります。捕まえた異物をやっつけるのが、NK細胞などと呼ばれる細胞で、異物を攻撃して体外から排出させようと頑張るのですが、本当に有害な物質なのか、異物なのか…それが問題です。

 

無害なはずの花粉に対しても、勘違いして過剰に反応することで、花粉症やアトピー性皮膚炎などは引き起こされます。身体が勘違いしている状態で起こっているのが、アレルギー症状なのです。

 

免疫システムを整えるなら腸内から

免疫細胞の多くが腸内に集まっています。そのため、腸内の免疫細胞が正常通り働けないままだと、アレルギー症状も引き起こしやすくなるのです。腸内環境があまりよくない状態で過ごしていると、免疫細胞が正常に働けなくなります。腸内には善玉菌と悪玉菌、日和見菌がありますが、悪玉菌が優位の状態だと、日和見菌も悪玉菌の味方をします。その状態が長く続くと、免疫細胞も異常を起こしてしまうのです。

 

まずは腸内から、免疫システムを整えましょう。善玉菌を増やしていくことで腸内環境を整え、免疫細胞も正常通り働けるようになります。

 

乳酸菌はやっぱり腸に効く?

腸内環境を整える期待ができるのは、乳酸菌です。乳酸菌とアレルギーは関係ないもののように感じますが、腸を通じて関係があります。腸内が落ち着いて正常通りになれば、免疫細胞も通常通りになり、過剰に反応することもなくなるでしょう。

 

悪玉菌が優位の状態では、免疫細胞が過剰に反応するだけではなく、肝心なときに反応しない…という問題も発生します。免疫細胞がここぞというときに働いて、不要なときは過剰反応しない…というベストな状態の免疫細胞へ導くことができるでしょう。